【京野菜のど飴・聖護院だいこん】

歌舞伎役者に人気!

京都の冬には欠かせない、ほんのりと甘く丸い形の聖護院だいこん。江戸時代末期、京都の聖護院地区で栽培したことが始まりです。この真っ白な身にはビタミンCやカリウム、消化を助けるジアスターゼが豊富に含まれています。千本釈迦堂に伝わる「大根焚き」には、無病息災を願い聖護院だいこんが供えられます。のど風邪の予防にお子さまや女性に人気です。



TOP